視察・研修旅行

新たな政策づくりのヒント

並び替え
  • 滋賀県日帰り

    新しい琵琶湖巡りと第二の人生相談

    ポイント1
    2016年7月にオープンした、琵琶湖の絶景が望める「びわ湖テラス」。 壮大な琵琶湖をどちらのエリアからも眺めることができます。ウッド調テラスなど計3種類のテラスから、リゾート地のような絶景を楽しむことができます!
    ポイント2
    2.4kmにわたりメタセコイアが約500本植えられ、マキノ高原へのアプローチ道として高原らしい景観を形成しています。春の芽吹き・新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の裸樹・雪花と四季折々に美しい景観は、遠景となる野坂山地の山々とも調和し、訪れる人々を魅了します。
    ポイント3
    近江八幡水郷めぐりは、お客様をお乗せした舟を船頭が櫓と竿で巧みに操ります。自然の作り出す別世界、「よしの群生地帯を見て」「櫓の音、鳥の鳴き声を聞き」「水やよしの葉のにおいを感じ」「手こぎ舟の揺れを肌で感じる」。四季折々に見せるその美しさを求めて、県内外から写真や絵画の愛好者が訪ねてくる場所でもあります。
  • 大阪府日帰り

    世界の「東大阪」、おっちゃん達のモノづくりを間近で体験!

    ポイント1
    セカイの技術を目の前で見学!東大阪市は技術力の高い中小企業が多く集まる「モノづくりのまち」。町工場の奮闘を描いた人気ドラマ『下町ロケット』では、東大阪市内の工場で製造された製品が撮影に使用され、話題を呼びました。
  • 岩手県・宮城県3日間

    震災復興の足跡を巡る旅 浄土ヶ浜・南三陸

    ポイント1
    三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心に位置する浄土ヶ浜は、宮古の代表的な景勝地。 鋭くとがった白い流紋岩が林立します。松の緑と岩肌の白、海の群青とのコントラストはまさに一見の価値あり。 浄土ヶ浜の地名は、天和年間(1681〜1683)に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(1727年没)が、「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたと言われています。
    ポイント2
    2011年(平成23年)、東日本大震災で発生した津波で約7万本もの松がなぎ倒される中、唯一、荒波に耐えて真っすぐに立ち残ったのが「奇跡の一本松」。2kmに渡って密集していた松林は跡形もなくなりました。傍らには、かつてユースホステルだった建物が折れ曲がったまま佇み、震災・津波の爪痕を今に伝えています。甚大な被害が発生した震災でしたが、その中でも一本松の奇跡は復興に向かう人々の心の支えとなりました。
    ポイント3
    平安の昔からその美しい景観が人々を魅了してきた松島。 江戸時代初期、日本三景のひとつと呼ばれるようになったといわれています。 大小260の島々と太平洋が見せつける松島湾の絶景は、かの松尾芭蕉がそのあまりの美しさに驚嘆し、句作をあきらめたように、言葉を失うほどの美しさ。 そんな美景を眺めるスポットが多数揃います。遠い過去に同じ景色を見た人がたくさんいることに思いを馳せる…松島は、そんな旅情を感じられる場所です。
  • 福井県2日間

    【日本製】先端技術の産業見学と東尋坊温泉

    ポイント1
    明治20年頃、輸出用羽二重織物の生産に始まった鯖江の繊維産業。以来、繊維王国・福井の中核を担ってきました。常に進化し、産業・医療・環境資材など新しい分野で活躍する最先端を行く、鯖江の繊維。技術革新でヘアケア製品や化粧品まで!? "繊維を超えた繊維"を生み出す鯖江の高技術がスゴイ!!
    ポイント2
    「ずっとかけるものだから、最高のかけ心地を。」 めがねは顔にかけて毎日の生活の一部となるもの。それ故に、簡単に壊れることなく、使い手がかけていることを忘れるようなかけ心地の良い一本にしなければならない、各工程の職人たちはそのような想いと使命感を次の工程へと繋いでいます。鯖江市の眼鏡産業は、100余年の歴史の中で1980年代に世界初のチタン製眼鏡フレームの製品化に成功。国内製造シェア約9割 人気モデルやセレクトショップとのコラボでも注目を浴びています。
  • 岡山県2日間

    英田上山棚田団 棚田再生と自立支援集落への取組視察

    ポイント1
    上山棚田への企業・自治体からの視察は多く、訪問者はいつでもウェルカムです。活動内容、現地の紹介や、トヨタのモビリティ「コムス」に乗っていただく体験、メンバーからのセッションなどが視察内容となります。
    ポイント2
    湯郷温泉は中国地方きってのいで湯の里「岡山県美作三湯」のひとつ。 歴史は古く、いまから1200年ほど昔の平安時代、 慈覚大円仁法師が白鷺に導かれ発見したと伝えられ、 別名「鷺の湯」と呼ばれる全国に知られた名湯です。
  • 石川県2日間

    パットゴルフ大会にてコミュケーションアップと日本で2カ所しかないジェイバス工場見学 山代温泉

    ポイント1
    ジェイ・バス株式会社・小松工場は、主に観光バスを製造しており、事務、技術、設計と大・中・小型バスの生産工場を1つに集約。シンプル&クリーン設計で、ひとつの建物の中で全てが完成するという特徴を持った世界でもトップクラスのバス生産工場です
    ポイント2
    「芝政ワールド」は福井県の日本海を望む場所にある大規模テーマパーク4コース72ホールの総天然芝のパットゴルフコース。パターだけを使ったゴルフなので初心者の方も気軽に楽しめます。ふかふかの芝生をふみしめながらすすむパットゴルフは気分爽快です。
    ポイント3
    世界的な建機メーカーであるコマツの誕生の地、小松工場跡地にオープンした「こまつの杜」。日本で唯一ここにしかない、世界最大級電気駆動式ダンプトラック930Eが、広場にドーンと展示されています。
  • 鳥取県2日間

    日本一危険な国宝“三徳山三佛寺投入堂”参拝&鳥取のナチュラルリゾート 大江ノ郷にて地域創生の視察と絶品パンケーキご賞味

    ポイント1
    三徳山三佛寺は標高900メートルの三徳山に境内を持つ山岳寺院です。 その奥院である投入堂は垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されています。修行を兼ねて、過酷な山道(参道)を共に制覇する事により、連帯感&達成感が生まれます。
    ポイント2
    世界屈指の放射能泉であり、心と身体を癒してくれる鳥取県にある三朝温泉(みささ)。高濃度のラドン含有量を誇り、三たび朝を迎えると元気になるとされています。修行のご褒美として、ゆったりと温泉にておくつろぎいただけます。レトロな温泉街散策もお楽しみください。
  • 鳥取県日帰り

    みどりの風が吹く疎開のまち「智頭町」圧倒的な森の中で食べる和風ランチ&過疎の町を変えたアイデアを学ぶ旅

    ポイント1
    日本一美しい村連合”に登録されている智頭町の美しい風景&みどりの風を感じていただき、心身共にリラックスしていただけます。また、その自然を活かした取り組を学べます。
    ポイント2
    『日本屈指の渓谷美』と評される芦津渓谷 は岡山県に接する県境の町・智頭町にある原生林の渓谷です。キャンプやヤマメ釣りも楽しむ事が出来ます。こちらで四季折々の山里の味覚をたっぷりとご賞味いただきます。給仕を担う「お茶子さん」の笑顔にも癒やされますよ。