大好評につき第二弾!漢方・薬草の旅 天川編募集開始!

かじかの滝

近年注目されている漢方やアロマ。
その発祥地は奈良県で、推古天皇の時代、 奈良県の“菟田野”で薬狩りが催されたことが 『日本書紀』に記されています。 少子高齢化や現代病や疫病の蔓延の中漢方が見直され、奈良県でもその見直しや生薬や薬草の栽 培が盛んになっています。そんな奈良の地へ赴き、薬草狩りやその味・香り・癒しの効能を 体験してみませんか。

今回のテーマは、水。
天川村は紀伊半島の中央部に位置し、村の面積の4分の1が吉野熊野国立公園に指定されている、自然豊かな美しい村です。天川の水に触れ、水を感じたり、水行・滝行も体験いただきます! 最後には陀羅尼助の原料キハダの記念植樹もしていただきます。お宿は洞川温泉 光緑園 西清さんです!

是非ご参加お待ちしております!!
詳しくはこちら